本文へスキップ

離婚後の戸籍と姓 離婚公正証書 離婚協議書の作成支援

TEL.

受付時間 平日 午前10時〜午後6時半

離婚後の戸籍と姓

結婚で姓を変更した方の戸籍と姓

離婚をすると、結婚で姓を変更した方が戸籍から抜けます。

戸籍は、ご夫婦とお子様が同じ戸籍に入っています。

離婚をすることにより、結婚のときに姓を変更した方が戸籍から抜けることになります。
戸籍から抜ける方は、
1.結婚前の戸籍に戻る
2.自分を筆頭者とする新たな戸籍を作る
のいずれかを選びます。
ただし、お子様を自分と同じ戸籍に入れたいときには、新たな戸籍を作る必要があります。

結婚前の戸籍に戻ることを選択した場合は、旧姓に戻ることになります。

自分を筆頭者とする新たな戸籍を作る場合は、旧姓に戻るのか、婚姻中の姓を名乗るのかを選びます。
婚姻中の姓を名乗る場合には、離婚後3カ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を住所地または本籍地の役所に提出しなければなりません。
本籍地の役所以外に提出する場合は、戸籍謄本が必要になります。


お子様の戸籍と姓

夫婦が離婚をして、どちらか一方が戸籍から抜けてもお子様の戸籍はそのまま変わりません。

結婚で姓を変更した方が離婚をして戸籍から抜けても、お子様の戸籍はそのままで変わりません。
例えば、結婚で姓を変更した母親が離婚をして戸籍から抜けた場合、母親が親権者でお子様と一緒に生活を始めても、お子様の戸籍は父親の戸籍にそのまま残り姓も変わりません

母親が旧姓に戻った場合には、お子様の姓と戸籍が違うことになります。
母親が婚姻中の姓を名乗ることを選んだ場合には、姓はお子様と同じになりますが、戸籍は違うことになります。

母親が旧姓に戻った場合、母親とお子様の戸籍・姓が違うと一緒に生活をしていても不都合があることがありますので、お子様の氏を変更し、母親の戸籍に入籍することを考えても良いでしょう。
そのためには離婚をするときに、母親を筆頭者とする新たな戸籍を作り、家庭裁判所に子の氏の変更許可を取る手続きをします。
そして、家庭裁判所から子の氏の変更許可を取りましたら、お子様を母親の戸籍に入籍する手続きをします。


電話・お問い合わせページよりメールでの初回相談は無料になっておりますので、お気軽にどうぞ。
TEL.052−880−1170
初回無料相談をお気軽にご利用ください


バナースペース

行政書士とまつ法務事務所

行政書士とまつ法務事務所のご案内
行政書士の戸松英雄です。
離婚公正証書 離婚協議書
なら、おまかせください。
初回無料相談をご利用いただ
きお気軽にご相談ください。


〒452-0802
名古屋市西区比良一丁目25番地

TEL 052-880-1170

代表者 行政書士 戸松英雄
愛知県行政書士会所属
登録番号 第10192202号
会員番号 第4805号

行政書士とまつ法務事務所の日記

お子様の笑顔を守るための離婚公正証書
お問い合わせのページはこちら

対応地域
愛知県「名古屋市(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)・愛西市・あま市・一宮市・稲沢市・犬山市・岩倉市・大府市・尾張旭市・春日井市・北名古屋市・清須市・江南市・小牧市・瀬戸市・知多市・津島市・東海市・常滑市・豊明市・日進市・半田市・弥富市・愛知郡東郷町・長久手市・海部郡大治町・海部郡蟹江町・海部郡飛島村・西春日井郡豊山町・丹羽郡大口町・丹羽郡扶桑町・知多郡阿久比町・知多郡武豊町・知多郡東浦町・知多郡南知多町・知多郡美浜町・安城市・岡崎市・刈谷市・高浜市・知立市・豊田市・西尾市・碧南市・みよし市・額田郡幸田町・豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市・新城市・北設楽郡設楽町・北設楽郡東栄町・北設楽郡豊根村」


公正証書の依頼者様の手紙

「離婚することになってから、子どもの養育費のことが、とても不安でした。おかげ様で、私が安心できる文面の公正証書ができました。」

依頼者様の声のページへ


お問い合わせはお気軽にどうぞ