本文へスキップ

養育費のための離婚公正証書の作成

TEL.

受付時間 平日 午前10時〜午後6時半

養育費とは

養育費とは、お子様を育てるために必要な費用のことです

養育費の支払いを確実にするために、必ず養育費の公正証書を作成しましょう。

養育費とはお子様を育てるために必要な費用のことで、通常お子様と離れて暮らす親がお子様と暮らす親に支払います。子

養育費には生活費や教育費、医療費や娯楽費などが含まれます。

親にとっての義務ですので、親の生活が苦しくてもお子様には親と同程度の生活をさせる必要があります。

離婚をしても親にはお子様を扶養する義務があり、お子様には扶養を受ける権利があります。

養育費には時効がないので、離婚後に請求することもできます。


養育費を請求しないという合意について

養育費を請求しないという合意は、望ましいものではありません。

離婚に際して、離婚協議書などに父母間で養育費を請求しないという合意がされることがあります。

お子様の養育費をどのように負担するのかという合意になりますので、一方の親が養育費のすべてを負担して、もう一方に請求をしないということも考えられなくはありません。
このような合意を離婚に際して、父母間でしたとしても有効ではあります。

ただ、合意後、この合意をそのまま維持することが著しく不公平という事情が生ずれば、事情の変更が認められて養育費について父母間で再度、協議することは可能です。

また離婚に際して、離婚協議書などに父母間で養育費を請求しないという合意をしても、お子様自らの養育費の請求権は放棄することができませんので、離婚後、養育費を請求しないという合意をした一方の親権者の親がお子様の法定代理人として、扶養料の支払いを請求することができます。

上記のように仮に父母間で養育費を請求しないという合意を離婚協議書などにしたとしても、そのことをもって、何があっても養育費の請求ができなくなるということにはなりません。


養育費の金額・支払期間・支払方法を公正証書に取り決めましょう

養育費の金額だけではなく支払期間・支払方法を取り決め、養育費の公正証書にしましょう。

養育費の金額は、ご夫婦それぞれの収入、財産などに応じて、話し合いで決めます。

養育費の金額だけでなく支払期間や支払方法も決めておく必要があります。

養育費の金額は、東京・大阪の裁判官が作成した養育費算定表が参考になります。

養育費をいつまでとするのかは、ご夫婦の話し合いで決めますが、家庭裁判所の調停や審判の実務では、成人する(満20才)までとするのが一般的です。
高校(満18才)や大学(満22才)を卒業するまでと決めることもあります。
その際、ご夫婦の収入や財産、学歴などが考慮されます。

養育費の支払方法は、毎月決められた金額を金融機関に振り込む形が記録も残るので安心です。
お子様名義の口座に振り込むという形がおすすめです。


電話・お問い合わせページよりメールでの初回相談は無料になっておりますので、お気軽にどうぞ。
TEL.052−880−1170
初回無料相談をお気軽にご利用ください


養育費の公正証書を「強制執行認諾条項付公正証書」にしましょう

「強制執行認諾条項付公正証書」にすることで、差し押さえが可能になります。

離婚後に継続して養育費が支払われている割合20%にも満たないという国の調査結果があります。
わずか20%にも満たないんです。

養育費の支払いは離婚後、長期間になりますので支払ってもらえなくなることが、非常に多くなってしまいます。
口約束だけですませてしまうことは、絶対に避けましょう

また離婚協議書や養育費の合意書では、証拠能力はあるのですが、強制力がありません
支払いが滞った場合は、家庭裁判所に申し立てをして調停をしたり、裁判で判決を得るなどしなければなりません。

大切なお子様のため、離婚後の生活に苦しまないためにも、必ず養育費の公正証書を作成して養育費の取り決めをしておきましょう

養育費の公正証書を、「強制執行認諾条項付公正証書」にしておけば裁判の判決と同じ効力を持ち、養育費の約束が履行されないときには強制執行(給料や財産の差し押さえができます)に踏み切ることができますので安心です。
(強制執行をするには、公正証書を作成した公証役場で執行文付与の手続きが必要になります。郵送ではできませんので、うかがうことが可能な地元の公証役場で公正証書を作成されると良いでしょう。)

公正証書は原則として、原本が公証役場で20年間保管されますので紛失の心配もありません

また、民事執行法の改正により、養育費については一部でも支払が滞っていれば、支払期限がきていない将来の部分についても強制執行ができるようになりました。
差押えできる範囲も給料などの4分の1から2分の1になりました。

養育費の公正証書を作成する場合、養育費についていろいろな場面を想定して養育費の公正証書を作成しておくとおかないのでは、今後の生活が大きく変わってきます。
実務経験で養った知識を生かして、養育費についていろいろな場面を想定した、専門家ならではの文面を作成させていただきます。

養育費の公正証書の作成をお考えの方は、ぜひ養育費の公正証書作成支援のプロフェッショナル、行政書士とまつ法務事務所におまかせください。

離婚公正証書作成支援の説明


バナースペース

行政書士とまつ法務事務所

行政書士とまつ法務事務所のご案内
行政書士の戸松英雄です。
離婚公正証書 離婚協議書
なら、おまかせください。
初回無料相談をご利用いただ
きお気軽にご相談ください。


〒452-0802
名古屋市西区比良一丁目25番地

TEL 052-880-1170

代表者 行政書士 戸松英雄
愛知県行政書士会所属
登録番号 第10192202号
会員番号 第4805号

行政書士とまつ法務事務所の日記

お子様の笑顔を守るための離婚公正証書
お問い合わせのページはこちら

対応地域
愛知県「名古屋市(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)・愛西市・あま市・一宮市・稲沢市・犬山市・岩倉市・大府市・尾張旭市・春日井市・北名古屋市・清須市・江南市・小牧市・瀬戸市・知多市・津島市・東海市・常滑市・豊明市・日進市・半田市・弥富市・愛知郡東郷町・長久手市・海部郡大治町・海部郡蟹江町・海部郡飛島村・西春日井郡豊山町・丹羽郡大口町・丹羽郡扶桑町・知多郡阿久比町・知多郡武豊町・知多郡東浦町・知多郡南知多町・知多郡美浜町・安城市・岡崎市・刈谷市・高浜市・知立市・豊田市・西尾市・碧南市・みよし市・額田郡幸田町・豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市・新城市・北設楽郡設楽町・北設楽郡東栄町・北設楽郡豊根村」


公正証書の依頼者様の手紙

「離婚することになってから、子どもの養育費のことが、とても不安でした。おかげ様で、私が安心できる文面の公正証書ができました。」

依頼者様の声のページへ


お問い合わせはお気軽にどうぞ