本文へスキップ

離婚公正証書 離婚協議書の作成支援

TEL.

受付時間 平日 午前10時〜午後6時半

離婚公正証書よくある質問

離婚公正証書について、当事務所によく寄せられる質問です。子

離婚公正証書は離婚をされる方にとって、とても大切なものになりますので、ぜひ参考になさってください。

離婚公正証書は離婚後の生活に本当に大切なものになりますので、作成にお困りの場合は、ご遠慮なさらずにご相談ください(離婚公正証書の内容によって、離婚後の生活が大きく変わってしまいます)。

依頼者様の負担を取り除き
「専門家ならではの離婚公正証書の作成支援」をさせていたたきます。

小さな子供がいて離婚をするのですが、何か書類を作成したほうがいいですか?

未成年のお子様がいる場合は、離婚の際に必ず養育費の記載をした離婚公正証書を作成しましょう。

「一日も早く離婚をしたいから」
「離婚をする相手ともう話したくないので」
「養育費は支払うと言ってくれているので、書類を作成しなくても大丈夫だと思う」
などの理由でお子様の養育費について、公正証書に取り決めをせずに離婚届を提出することは、絶対に避けましょう
(離婚後、継続して養育費が支払われている割合は、わずか20%にも満たないという国の調査結果もあります。)

離婚後、お子様の成長に合わせて当然に多くの金銭がかかります
離婚後、お子様と一緒に暮らさない親は、大切なお子様の養育費を支払う義務があります(離婚をされても親子関係は続きます)。

なお、離婚協議書や養育費の合意書は証拠能力はあるのですが強制力がありませんので、養育費の取り決めがある場合は、必ず離婚公正証書(強制執行認諾条項付公正証書)を作成しておきましょう(養育費の支払いが滞ってしまった場合は、給料や財産の差し押さえができます)。

ご夫婦が離婚後に争ってしまわないために、お子様のためにも未成年のお子様がおみえの場合は、養育費の記載をした離婚公正証書を作成しましょう。

離婚公正証書作成支援の説明


離婚届は、離婚公正証書を作成した後に提出すればいいですか?

離婚公正証書の作成後に離婚届を提出したほうが安心でしょう(公証役場で離婚公正証書を受け取った後に役所へ離婚届を提出することになります)。

離婚公正証書は、離婚届を提出した後でも作成することはできます(当事務所では実際に離婚届を提出後にご依頼をいただき、離婚公正証書を作成することも相当数あります)。

ただ離婚をした後では、元配偶者が「もう離婚をしたから」と離婚公正証書の作成に協力的ではないことが考えられます。
また離婚後、元ご夫婦で離婚の条件について話し合うことはなかなか困難でしょう。

できるだけ離婚届を提出する前に「養育費」「親権」「財産分与」「慰謝料」「面会交流」「年金分割」などの離婚の条件をご夫婦で話し合い、離婚後の大きなトラブルを避けるため離婚公正証書を作成しておくと良いでしょう。

ご夫婦が話し合い離婚に合意する協議離婚は、市区町村役所に離婚届が受理されると簡単に成立します。
平成24年4月から離婚届にも、お子様の養育費、面会について取り決めをしているかどうかの記載欄が新たに作られました。

法務省において「子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&A」のパンフレットが作成され、平成28年10月頃から市区町村の窓口において離婚届の用紙を取りに来られた方への交付が始められました。
それほど、離婚後にトラブルになる事例が多くあるからでしょう。

養育費や財産分与・慰謝料などの金銭の支払いの取り決めがある場合は、離婚届を提出する前に離婚協議書・養育費の合意書・誓約書・念書ではなく(これらは強制執行ができません)、強制執行ができる離婚公正証書(強制執行認諾条項付公正証書)を作成しておきましょう。
(強制執行認諾条項付公正証書は、養育費や財産分与・慰謝料の金銭の支払いが滞ってしまった場合、給料や財産の差し押さえができます)。

なお、離婚後でも養育費などの離婚の条件について、元ご夫婦で話し合いが可能な場合は、離婚公正証書を作成することができますので、未成年のお子様がおみえの場合は、必ず養育費の記載をした離婚公正証書を作成しましょう。

(既に離婚届を提出済みで離婚後に離婚公正証書 離婚協議書を作成したい方もご相談ください。)
(結婚せずにお子様を認知した場合の養育費の公正証書を作成したい方もご相談ください。)
(離婚の公正証書を作成後、公正証書の内容を変更したい方もご相談ください。)


電話・お問い合わせページよりメールでの初回相談は無料になっておりますので、お気軽にどうぞ。
TEL.052−880−1170
初回無料相談をお気軽にどうぞ


離婚公正証書の作成費用はどのくらいかかりますか?

離婚公正証書の作成にかかる費用は、公証人の手数料(通常2万円〜4万円程度。公正証書に記載する養育費、財産分与などの金額によって変動します)、印鑑証明書取得などの実費、ご依頼をいただける場合は当事務所の料金です。子

一見すると意外と費用がかかるなという印象を持たれるかもしれませんが、離婚公正証書(強制執行認諾条項付)を作成することにより、養育費、財産分与、慰謝料などの金銭の支払いの約束が守られない場合は、強制執行(給料や財産の差し押さえ)ができますので、大切なお子様のために、新しい人生のために将来に大きな安心感が得られます。

養育費だけでも月5万円として、15年で900万円です。
プラス財産分与慰謝料年金分割(年金受給時に受けとります)などのことを考えますと、作成費用を大きく上回る効果があるでしょう。

離婚公正証書を作成することにより、離婚後の大きなトラブルを防ぐこともでき、なにより大きな安心感が得られます。

公正証書は原則として、原本が公証役場で20年間保管されますので紛失の心配もありません

当事務所におまかせいただければ、依頼者様が自ら離婚公正証書を作成する負担を取り除き、離婚後、安心して暮らしていけるように実務経験を生かした法的なアドバイスをさせていただきます。

最良の離婚公正証書になるよう誠心誠意支援させていただきますので、安心してご相談ください。


実際にお会いして、相談にのっていただけますか?

離婚公正証書はただ、作成すればいいわけではありません。子
作成する離婚公正証書の内容によって、依頼者様の今後の生活が大きく変わってしまいます

行政書士とまつ法務事務所は、よりお力になれるようにという思いから開業以来、愛知県に限定して地域密着型でご相談、ご依頼をお受けしておりますので、面談によりご相談いただくことも可能です。

依頼者様のお話を丁寧におうかがいして、どのように記載すればより良いかを検討し、「養育費」「親権」「財産分与」「慰謝料」「面会交流」「年金分割」などについての文面を作成させていただきます。

離婚公正証書作成支援の専門家として、多くの方の離婚公正証書の作成支援をさせていただいておりますが、依頼者様それぞれ本当に離婚公正証書の内容は違います。

行政書士とまつ法務事務所では、離婚後の生活が安心できるよう、依頼者様にとってより良い離婚公正証書になるよう、手間暇をおしまずに作成支援をさせていただきます。

実際にご相談の後、
「大切なことが抜けていたことに気づきました」
「しっかりとお話を聞いていただき、安心できる離婚公正証書ができました」など、
多くの嬉しいお言葉をいただいております。

愛知県に限定して地域密着型で活動をさせていただいておりますので、何かお困りのことがあった場合には、よりきめ細やかな対応ができ、依頼者様に安心を感じていただいております。
何かお困りのことがありましたら、ご遠慮なさらずにすぐにご連絡ください

行政書士とまつ法務事務所は、依頼者様の立場になって、丁寧親切安心の対応を常日頃、心がけております。
安心してご相談ください


電話・お問い合わせページよりメールでの初回相談は無料になっておりますので、お気軽にどうぞ。
TEL.052−880−1170
初回無料相談をお気軽にどうぞ


地元の公証役場で離婚公正証書を作成したほうがいいのでしょうか?

できれば地元の公証役場で離婚公正証書を作成されることをおすすめいたします。

離婚公正証書(強制執行認諾条項付公正証書)に記載された養育費、財産分与の金銭、慰謝料などが約束通り支払われない場合は、強制執行(給料や財産の差し押さえ)をすることが考えられます。

強制執行をするには、離婚公正証書(強制執行認諾条項付公正証書)を作成した公証役場で執行文付与の手続きが必要になります。

執行文付与の手続きは、公証役場との郵送ではできませんので、できるだけうかがうことが可能な地元の公証役場で離婚公正証書(強制執行認諾条項付公正証書)を作成しておかれると安心でしょう。


電話・お問い合わせページよりメールでの初回相談は無料になっておりますので、お気軽にどうぞ。
TEL.052−880−1170
「お問い合わせ」のページはこちら


バナースペース

行政書士とまつ法務事務所

行政書士とまつ法務事務所のご案内
行政書士の戸松英雄です。
離婚公正証書 離婚協議書
なら、おまかせください。
初回無料相談をご利用いただ
きお気軽にご相談ください。


〒452-0802
名古屋市西区比良一丁目25番地

TEL 052-880-1170

代表者 行政書士 戸松英雄
愛知県行政書士会所属
登録番号 第10192202号
会員番号 第4805号

行政書士とまつ法務事務所の日記

お子様の笑顔を守るための離婚公正証書
お問い合わせのページはこちら

対応地域
愛知県「名古屋市(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)・愛西市・あま市・一宮市・稲沢市・犬山市・岩倉市・大府市・尾張旭市・春日井市・北名古屋市・清須市・江南市・小牧市・瀬戸市・知多市・津島市・東海市・常滑市・豊明市・日進市・半田市・弥富市・愛知郡東郷町・長久手市・海部郡大治町・海部郡蟹江町・海部郡飛島村・西春日井郡豊山町・丹羽郡大口町・丹羽郡扶桑町・知多郡阿久比町・知多郡武豊町・知多郡東浦町・知多郡南知多町・知多郡美浜町・安城市・岡崎市・刈谷市・高浜市・知立市・豊田市・西尾市・碧南市・みよし市・額田郡幸田町・豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市・新城市・北設楽郡設楽町・北設楽郡東栄町・北設楽郡豊根村」


公正証書の依頼者様の手紙

「離婚することになってから、子どもの養育費のことが、とても不安でした。おかげ様で、私が安心できる文面の公正証書ができました。」

依頼者様の声のページへ


お問い合わせはお気軽にどうぞ